インテリアマスター

インテリアマスター

インテリアにも系統があります

インテリアも何を利用するのか楽しみながら雑誌やカタログを見ているのではないでしょうか。好きなものが見つかれば買い揃えていきたくなりますが、購入前には一度自分の部屋の系統を考えてみましょう。部屋に合わないものだと一気にバランスが崩れて雰囲気がしっくりこない、または変だなと感じてしまうものです。
大きく分ければ、インテリアの系統はナチュラル系、カジュアル系、モダン系、クラシック系、エレガンス系、アジアン系、カントリー系などがあります。落ち着いている方がいいのか、それともシンプルでさっぱりとした雰囲気にしていくのか、または可愛らしくしたいのかというように好みによってもかなり変わってきます。
もちろんこの系統にとらわれず、自分なりに部屋とインテリアのバランスを考えて配置や利用するものを決めていくのもいいでしょう。快適で過ごしやすいだけでなく、自分のお気に入りのものに囲まれて過ごせるように、インテリアもじっくり選んでみましょう。

好みのインテリアの系統を考える

これからテーブルや椅子などの家具を揃えていこうと思ったら、最終的な部屋の雰囲気なども考えておかないと、インテリアのバランスが崩れてしまいます。雰囲気としては、ソフトで柔らかな印象にするのか、クールでシンプル、そしてどこかかっちりとしたハード系、暖かで優しい雰囲気などいろんな系統があるのです。
どんな系統にするのかを決めれば、必然的に必要なインテリアも決まってきます。例えばスタイリッシュでハードな印象が好みなら、色も重厚なもので鉄やステンレスなどの金属系を使ったものを利用してみましょう。ゆったり暖かな雰囲気作りをしたいなら、ナチュラルなグリーンやベージュ、薄い茶色などのトーンのものを取り入れてみるといいでしょう。
最初に大まかな部屋の印象を決めて、それに合わせてインテリアも探してみましょう。雑誌などのレイアウト例なども参考にしながら、カラーやデザインなども考えてみると系統も揃ったバランスの良い部屋となります。

check

Last update:2017/3/27

ファミリーに人気のインテリア

インテリアブログを書くためのコツ

インテリアにこだわる人のアプリ

部屋を広く見せるインテリアの工夫

インテリアにも系統があります

お問い合わせ