インテリアマスター

インテリアマスター

部屋を広く見せるインテリアの工夫

部屋を広く見せるためには、インテリアのポイントがいくつかあります。
まず、明るい色をベースカラーとすることです。色には収縮色と膨張色と言われる分類があり、インテリアにおいても黒や青などの暗い色は空間を狭く見せ、白やベージュなどの明るい色は空間を広く見せるという効果が知られています。そのため、ダークブラウンや黒い家具やファブリックよりも白やパステルカラーのアイテムを使用することで同じ広さの部屋でもより広く感じることができます。
そして、家具やカーテンなど面積の大きいものを壁と似た色にしてなじませる工夫をすると良いでしょう。アクセントのカラーやインテリアのポイントは小物などで加えるのが部屋を広く見せるコツです。
また、物理的に視線を分断しない工夫も大切です。背の高い家具を避け、目線の高さの空間をさえぎらないようにします。理想は、ダイニングテーブルや椅子を置くのではなく床にテーブルとクッションなどを置いて直に座って過ごすようなスタイルです。ベッドも低めの物を選ぶと良いでしょう。

おしゃれに魅せるインテリアの工夫

インテリアを見ているのが好きな人も多いのですが、実際に自分で購入しておしゃれな部屋作りをしてみようと思っても上手くいかない事もよくあります。好みのものを購入して考えながら配置をしてみても、何となく雰囲気が合わないように感じたりするなど、しっくり来なくて頭を傾げてしまったりもするのです。
雑誌などを見たりしながら工夫をしていくことになるのですが、やはり狭く窮屈に感じるような部屋より広々として開放感のある部屋にしたいと思っていることが多いです。インテリアの色もたくさん使いすぎると部屋が派手になって賑やかになりすぎるので、落ち着いた部屋作りをするのであれば、単色で利用する色数も大人しいものにしたりする工夫をすることでセンスよく見えます。
一人暮らしの場合だとさらに使えるスペースが制限されますので、利用するインテリアも厳選してシンプルにまとめる方がすっきりしますから、自分なりに何が必要かを考えて部屋作りを楽しんでみましょう。

Favorite

実務者研修を受ける

最終更新日:2017/5/26

ファミリーに人気のインテリア

インテリアブログを書くためのコツ

インテリアにこだわる人のアプリ

部屋を広く見せるインテリアの工夫

インテリアにも系統があります

お問い合わせ